ハイゼットのフロントガラス修理〜厚木でガラスリペア

query_builder 2023/01/09
ブログ
1A620290-3E01-4DBB-A8CD-9C2154ED56F5

今回はダイハツ・ハイゼットのフロントガラスに出来てしまったヒビ割れ修理のご依頼を頂きました。


ガラスの下側で縁に近くデフロスターの風が当たる危険な場所です。


何が危険かと言うと、デフロスターからの風が当たる事によって、ガラスの温度変化が多くなるからです。


ガラスは温度によって膨張したり収縮したりしますので、

外気温と内気温の差が出た時に付加がかかりヒビが広がる可能性があります。

2BDAB7D4-0D15-4F1A-AF2B-3A5EC977CF26

裏に鏡を当てて見た時です。


ヒビの中が黒く見えるのが空気です。

ガラスリペアをする事によって、

空気が抜け影もなくなります。

725C80AF-065E-4E96-991C-E286C8EA94B5

それでは施工していきます。


ガラスリペア専用ツールを設置し、

先ずはヒビの空気を抜いて真空状態にしていきます。


真空引きはとても重要で、

仕上がりに影響します。

真空引きが苦手な業者さんも多くいらっしゃるのが現状です。

真空引きは難しく、

ツールだけに頼った施工していますと上手くいきません。


当店では、

独自の施工技術でひと手間加えながら施工いたしますので、

仕上がり重視でお考えの方は間違いなく当店にお任せ下さい。



『市販のリペアキットは要注意』


特に市販のリペアキットは真空引き機能が無いので、

空気が残りキレイに仕上げる事は難しいです。

仮にキレイに仕上がったとしても、

付属のレジンは強度がなく、

再発してしまう場合が多くあります。


ガラスリペアは基本的に一発勝負なので、

失敗してからでは手直しは出来ません。

失敗する前にプロのガラスリペアを選択する事をおすすめします。

630DE829-5790-4BC9-85C3-F2281E6E2A78

圧力をかけレジンを浸透させた状態です。

ヒビにレジンが浸透すると、

ヒビの跡が殆ど目立たなくなります。


小さな空気も見逃さない様に慎重に仕上げていきます。

E704DB09-A63C-4538-9F11-380743C6B40B
D2057DE7-B17B-4B7D-AAD4-A0C6AB67BB61
EFB0367D-72B5-4708-B22F-67DA9FF22776

仕上がりはこんな感じです。


フロントガラスのヒビ割れ修理でキレイな仕上がりを求めるなら当店にご連絡ください。

年間約300件のリペア経験をもとに、

最善のリペア方法で対応します。


写真での判断も行なっておりますので、

こちらに写真を送って下さい↓

https://lin.ee/DqA0EeF

NEW

  • フロントガラスにヒビ割れができた〜厚木でリペア専門店

    query_builder 2024/06/04
  • フロントガラスに傷ができた〜厚木でリペア専門店

    query_builder 2024/04/02
  • ドアのヘコミ修理!伊勢原からご来店していただきました。

    query_builder 2024/03/13
  • プリウスαのドアのヘコミ!厚木でクルマ修理

    query_builder 2024/02/04
  • アルファードのシャークアンテナ修理〜厚木で唯一の専門店

    query_builder 2024/02/03

CATEGORY

ARCHIVE